3人に2人が「乗り換えたい!」WAVEの新素材レンズ WAVEワンデー UV プレミアム
遠近両用コンタクトレンズ取り扱い開始しました

遠近両用コンタクト

ピント調節の悩みには、遠近両用コンタクトレンズがおすすめです

40歳前後になると、近視や遠視とは異なる目の悩みが現われはじめます。それがピント調節の悩みである「老眼」です。老眼は、ピントを合わせる機能を担っている「水晶体」が、老化によって硬くなることで起こります。本来ピントを合わせる際は、水晶体が厚くなったりうすくなったりして、光の屈折を調節しています。しかし、水晶体が硬くなることで厚みを調節できなくなるのです。

老眼の症状としては、本やスマートフォンの画面など、近くのものにピントが合いづらくなります。夕方から夜にかけての辺りが暗くなる時間帯には、いっそう近くのものへのピント合わせが難しくなるのも特徴です。

年齢に伴い現われはじめる老眼の悩みを改善するなら、遠近両用の使い捨てコンタクトレンズの使用をおすすめします。遠近両用の使い捨てコンタクトレンズは、1枚のレンズに遠くを見るための度数と近くを見るための度数が入っています。つけ替えることなく、遠くも近くも快適に見ることができるのです。

老眼鏡のように、見た目の印象を変えることなく見え方を矯正できるのが、遠近両用コンタクトレンズの大きな魅力。眼鏡をかけることに抵抗がある方や、仕事などで体を動かす機会が多い方には特におすすめです。

使い捨てコンタクトレンズなら、老眼鏡よりも安く買えるので、ピント調節力に合わせて、都度ぴったりのレンズを使用できます。年齢を重ねるとピント調節力は徐々に低下していくので、いつでも鮮明な見え方でいたいという方にも、遠近両用コンタクトレンズが向いています。

遠近両用コンタクトレンズの度数について

近視や遠視の方は、コンタクトレンズで見え方を矯正する際、PWR(球面度数)のみをチェックします。しかし、遠近両用コンタクトレンズを使う方は、PWRに加えてADD(加入度数)もチェックしなければなりません。

先ほどお話したように、遠近両用コンタクトレンズのレンズには、遠くを見るための度数と近くを見るための度数が入っています。この2種類の度数の差を「ADD(加入度数)」と言います。

加入度数は、近くの見えにくさを基準に調整されます。遠近両用コンタクトレンズが必要な方は、処方箋を見ればPWRとともに、ADDのデータも記載されているので、処方箋に記載されたデータをもとにコンタクトレンズの度数を選択しましょう。

ADDはPWRと同様、数字が大きい(度数が高い)ほどよく見えるわけではありません。ADDが合わないレンズを使っていると、見えづらくなったり、目が疲れたりする可能性があります。

2種類の度数は、どちらも同じくらい大切です。必ず処方箋のデータをもとに、度数を選んでください。

遠近両用コンタクトレンズは複数の度数を脳が使い分けることで、近くも遠くも見ることができます。最初は違和感を覚えることも多いですが、徐々に慣れていくので心配はありません。なかなか慣れずに不安がある場合は、眼科医に相談してみてください。

レンズアップルが取り扱う遠近両用コンタクトレンズの商品例

レンズアップルは、有名メーカーの遠近両用コンタクトレンズを取り扱っています。

ワンデーアキュビューモイストマルチフォーカル(医療承認番号:21600BZY00408000)

ジョンソン・エンド・ジョンソンが販売するベストセラー商品の1つ、ワンデーアキュビューモイストの遠近両用レンズです。瞳孔の大きさに合わせた171パターンの光学部設計を用いているので、多くのユーザーが近くも遠くも自然に見える見え方を得られます。試した方の、94%が満足しているという遠近両用コンタクトレンズです。

近視用レンズと同様、保湿成分PVPを閉じ込めているレンズは、涙が減少した瞳にもしっかりとうるおいを与えてくれます。まるでうるおいのクッションのようなやさしいつけ心地を、1日中実感できるレンズです。うすくてやわらかなレンズ素材を採用していることと相まって、大変つけ心地に優れています。

プロクリアワンデー マルチフォーカル(医療承認番号:22000BZX01462000)

クーパービジョンが販売するベストセラー商品の1つ、プロクリアワンデーの遠近両用レンズです。独自のナチュラル サメーション テクノロジー デザインを用いたことで、近くを見た時に焦点が合いやすいレンズとなっています。暗い場所でも安定して見えるので、様々なシーンで快適な見え方を得られます。

またプロクリアワンデー マルチフォーカルは、レンズの中心部から周辺へと、緩やかに度数を変化させています。これにより視界のゆれやまばたきをした時の違和感を抑えているので、中距離から遠距離も自然に見ることができます。

瞳の角膜細胞を模して開発された保水成分MPCがレンズ素材に配合されていることから、乾燥しにくく、うるおいが夜までキープされることからも快適に使えます。

バイオフィニティ マルチフォーカル(医療承認番号:22200BZX00714A01)

クーパービジョンが販売する2WEEKタイプの商品の1つ、バイオフィニティの遠近両用レンズです。独自のバランスド プログレッシブ テクノロジー デザインを採用しています。遠くを見るレンズと近くを見るレンズを、それぞれ球面設計にしているので、遠くも近くも鮮明に見ることができます。一方で、中間の距離を見るレンズは非球面設計です。これにより視線を切り替えた時に違和感が少なく、どの距離でも自然な見え方を得られます。

レンズはうるおいベールでコーティングされているので、汚れが付着しにくくなっています。2WEEKタイプのコンタクトレンズにありがちな、汚れが原因の乾燥感や不快感が気になりにくく、コストパフォーマンスに優れている商品です。

デイリーズ トータル ワン マルチフォーカル(医療承認番号:22900BZX00026000)

アルコンが販売する1DAYタイプの商品の1つ、デイリーズ トータル ワンの遠近両用レンズです。1枚のレンズに近距離、中距離、遠距離を見るための度数がすべて配置されているので、手元のスマートフォンの画面から遠くの景色までを見ることができます。また、年齢によって低下するピント調節力に幅広く対応できるよう、183種類のレンズ度数が用意されています。ピント調節力が低下しても、長く使えることができる商品です。

デイリーズ トータル ワンは、生感覚レンズの通称で知られています。乾燥感やゴロゴロ感が少なく、充血もしにくいのが特徴です。快適なつけ心地を実感できます。

遠近両用コンタクトレンズは、商品によって度数の配置やレンズデザインが様々です。そのため、商品ごとにつけ心地や、見え方が異なる場合があります。眼科医と相談をしながら、お気に入りのレンズを見つけてください。また、遠近両用コンタクトレンズはワンデータイプと2ウィークタイプを選ぶことができます。コンタクトレンズ初心者の方には、手入れの負担がないワンデータイプがおすすめです。コンタクトレンズの扱いに慣れている方は、2ウィークタイプがおすすめです。

レンズアップルの商品は、複数セットでご購入いただくことが可能です。セットでご購入いただくことで、1箱あたりの価格が安くなったり、送料が無料になったりと、様々なメリットがございます。時期によってクーポンの配布もしていますので、併せてご活用ください。お気に入りの遠近両用コンタクトレンズを、セット価格や送料無料、クーポンなどを使ってお得にご購入いただけます。

遠近両用コンタクトレンズ以外にも、乱視用(トーリック)のコンタクトレンズやカラーコンタクトレンズも豊富に取り扱っています。通販でのコンタクトレンズの購入には、レンズアップルのご利用をおすすめします。

コンタクトレンズは医療機器ですから、自分の目に合った商品を正しく使うことが大切です。取り扱い商品に関して、疑問点などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

ページTOPへ戻る